パンフレット

パンフレット作成の手順について

一般的な企業では、商談や説明会において、一つの企業の中でも多くのチラシや書類などを配布して詳しいサービスの内容などを伝えようとするケースが多く、そのために企業の全貌がわかりにくいといった問題があります。このような多くの書類とは異なり、文章だけでなく図などを添えてよりサービスの内容を簡潔に伝えるためによく利用されるものがパンフレットです。パンフレット作成には多くの手順を踏む必要があります。

まず、パンフレットを作成する前に企業として行っている事業についての情報を集めておく必要があります。サービス内容を理解した上でなければパンフレット作成ができないために、なるべく多くの情報を集めることが重要なのです。場合によっては、サービス内容をよりわかりやすく説明するために、工場や仕事現場の写真などといった資料を集めることが必要となります。次に、パンフレットに使用する文章を作成します。パンフレットの目的はクライアントに対して企業やサービスをより理解してもらうというものなので、文章は詳しい点を省き、より簡潔にわかりやすいものにする必要があります。

レイアウトや構成などを考える際には、広告代理店などと相談を行い、適切なページ数や色数、レイアウトの割り振りなどについて決定を行うことが重要です。より重要で伝える必要がある項目については多くのページ数を使い、また写真やグラフなどの資料も活用して理解が深まるように構成することが重要なのです。実際にパンフレットの印刷を行う際には、印刷にかかるコストや重さ、紙の質などを考慮して適切なものを選ぶ必要があります。あまりに悪い紙質のパンフレット作成を行ってしまった場合には、その点でクライアントに対する印象を下げることになってしまいます。このように、パンフレット作成を行う際にはこのような手順を踏むことが重要となるのです。

このため、パンフレット作成を行う際には計画を立て、なるべく高い宣伝効果を出せるように最大限に工夫を行うことが必要なのです。このような手順を元にパンフレットを作成することによって、一般的な新聞折込広告やインターネット上の広告などに比べてより高い広告効果が期待できるだけでなく、クライアントに対してサービスの説明などを迅速に行うことができるため、同業者との競争でもより優先して契約を結んでもらいやすくなり、スムーズに商談を進めることができるため、非常に重要であるといえます。