パンフレットにイラスト

パンフレット作成時にイラストを入れる効果

せっかくパンフレットを制作しても手にとって見てもらわなければなんの効果もありません。文字ばかりを並べても読むのにつかれてしまいます。パンフレット作成にはイラストを入れるといいでしょう。そうすることで文字だけでは伝わりにくい部分を視覚的に訴えることができるようになるのです。パンフレットはチラシや広告のように一枚ではありません。数ページに渡る冊子なので、文字ばかりを並べていては理解できなかったり読むことに疲れてしまいます。実際に手にとったパンフレットが文字だらけでは読む気すら失せてしまいます。

見やすくて分かりやすいパンフレット作成を心掛けなければなりません。それはレイアウトやイラストによって可能になります。難しいものから親しみやすいものにすることが大事です。文字だけでは読みにくいだけでなく味気ないものとなります。そこでパンフレット作成のときに関連するイラストをつけることでイメージをつかみやすくしてくれます。もちろんイラストを多用する必要はありませんが、ポイントを押さえて使用することでその効能はかなりアップします。パンフレット作成時に使用するイラストはその会社のイメージを代弁するものでもあります。統一感をもたせてレイアウトにこだわるだけでなく、コンセプトやイメージにあうものを使用しましょう。例えばスタイリッシュな会社のパンフレットに可愛らしいイラストをつけても違和感しかありません。

パンフレット作成には会社のイメージや商品など対象のもののイメージを壊さないように心掛けなければなりません。また、会社独自のオリジナルキャラクターなどがいればそれを使用するのもいいでしょう。より多くの人に知ってもらえる良い機会になります。これによって様々なキャラクターを多用するよりも一貫性が出て効果的です。さらにパンフレット作成を自社で行うのが困難であったり、適した人材が見つからないというときは外注することもおすすめです。プロのイラストレーターやデザイナーに発注することでより一層素晴らしいものが出来上がります。

その時に気をつけなければならないのがコンセプトをしっかりと伝える、パンフレット作成の際にイメージするものをはっきりと伝えましょう。全て任せてしまうとまったくイメージと違ったものになってしまう可能性もあります。外注に頼る際は自社がどのようなコンセプトでやっているのか、キャラクターを使用するのかを伝えます。もちろん価格的な相談も必要になってきます。